強い光でイタチを追い出す|家の近くでハチを見かけることが増えたら業者に頼んで退治する
女の人

家の近くでハチを見かけることが増えたら業者に頼んで退治する

強い光でイタチを追い出す

作業員

捕獲か追い出しか

イタチは天井裏に住み着くことがあります。近年では自然豊かな田舎だけにとどまらず、住宅街などにも姿を現し生息するようになりました。天井裏に住み着いた場合は、ねずみを上回る大きな騒音に悩まされることになり、また糞尿が天井にシミを付けたり、ひどい悪臭がする場合もあります。しかしイタチ駆除はなかなか難しいのが特徴です。なぜならイタチは非常に賢い動物のため、一度かけた罠にはもう一度かかることはありません。家族で行動するイタチ駆除は、1匹駆除しただけでは問題の解決にならないのです。また、鳥獣保護法で守られている動物のため、むやみに殺傷することは出来ません。イタチ駆除は、捕獲か追い出しの2種類になります。そこで、イタチの家族すべてを追い出すことが可能なストロボ撃退が人気となっているのです。

ストロボの強い光が効果的

イタチは強い光を嫌がる傾向があります。通常の防犯用のライトでは効果が薄く、すぐに慣れてしまいます。そこでカメラのフラッシュに使われるようなストロボ光が効果的なのです。ストロボ球は、たとえ連続で点灯させても人の体温程度しか温度は上がらず、屋根裏などに設置しても発熱による火事の心配がありません。屋根裏から個体を完全に追い出すことが可能なので、知らないうちにイタチの死骸や争いに負けたネズミの死骸が腐乱するといったことを避けることも出来ます。また人体には影響がないといわれる超音波によるイタチ駆除の撃退器は、音に敏感な人だと悩まされることもあります。その点、屋根裏で点灯を繰り返すストロボ光は屋根裏で強い光を放っているだけなので、室内にいる人にはわかりません。およそ2〜3日でストレスのたまったイタチは天井裏から逃げ出します。ただし、再び戻ってくる可能性も高いので、数か月はストロボ光の撃退器を置き続けるといいでしょう。