業者の手で安全に|家の近くでハチを見かけることが増えたら業者に頼んで退治する
女の人

家の近くでハチを見かけることが増えたら業者に頼んで退治する

業者の手で安全に

女性

食べ物や健康面での被害

アライグマは、狸に似た小動物ですが、狸と異なり指は5本あります。しかも人間の指と同じように1本1本が細長く、その分器用に動かすことができます。さらには鋭い爪があるため、これを使ってアライグマは果樹園や民家などに侵入し、果物や人間の食べ物を食べるのです。またアライグマの体には病原菌がついていることが多く、侵入によりまき散らされます。人間にも感染する病原菌で、これは破傷風や狂犬病などの原因となります。そのため食べ物を守るためにも、感染症を防ぐためにも、アライグマを見かけた場合には、すみやかに駆除することが必要と言えます。とはいえアライグマは攻撃性がやや強いので、むやみに駆除しようとすると、反撃される可能性があります。そのため駆除は一般的に、専門知識や技術のある業者の手でおこなわれています。

傷つけずに追い出すため

アライグマは、人間社会に害をなす虫を食べるので、益獣にもなるということで、乱獲が禁止されています。そのため業者による駆除も、殺したり体を傷つけたりすることのない、安全な方法でおこなわれているのです。具体的には、アライグマが民家などに侵入している時に、侵入口に小型の檻や網を設置しておきます。その状態で、爆竹などで大きな音を鳴らすと、驚いたアライグマは侵入口から逃げ出そうとします。ところが侵入口には檻や網が仕掛けられているため、アライグマは必然的にその中に飛び込むことになるのです。この方法なら、傷つけることなく侵入したアライグマを追い出すことができます。追い出した後は、業者は侵入口に忌避剤を散布するので、これにより再度侵入してくることはなくなります。